今後、MCUでは女性ヒーローが増加?男性ヒーローよりも女性ヒーローがメインになる可能性も?

はい、どーも、がおーです。

さて今日は先日、Youtubeに投稿した下記の動画の続きとなっています
まだこちらの動画を見ていない方はこの動画を見ていただけると嬉しいです。

この動画では時間の関係で話を掘り下げることができなかった
後継者/新登場キャラクターの女性比率が高いという点について今回は触れていきたいと思う。

動画で触れているように今後、現存しているヒーローたちはフェーズ4以降、引退、後継者にバトンを渡す流れが相次ぐことになってる。

その中で

引退男性キャラ13人中7人が女性キャラクターにバトンを渡す予定

簡単に記載すると

  • ブルース・バナー/ハルク → シーハルク
  • ソー → ジェーン・フォスター
  • クリント・バートン/ホークアイ → ケイト・ビショップ
  • スティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ → クレア
  • スコット・ラング/アントマン → キャシー・ラング/スタチュー
  • ニック・フューリー → アビゲイル・ブランド
  • ティ・チャラ/ブラックパンサー  → シュリ

これだけの現存男性ヒーローが女性ヒーローにバトンを渡すことになるとの情報が出ている。
原作キャラクターが多いため是非、気になったキャラクターがいればご自身で調べるか、以前、投稿した僕の動画をチェックしてもらえればと思う。

もちろん、ピーター・パーカー/スパイダーマンはマイルズ・モラレスにバトンを渡したり、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの盾を譲り受けたサムが今後、活躍していくことを考えると全員女性ヒーローとなるわけではないが
やはり、これだけの男性ヒーローが女性ヒーローに変わるのは違和感を感じるかもしれない

女性ヒーローが活躍する姿はアベンジャーズ/エンドゲームの最終決戦のワンシーンが記憶に新しい。
あのシーンに賛否があるという話は公開当時から聞いていたが皆さんはどう感じただろうか?

僕自身、あのシーンは大好きなシーンの一つだが先ほど記載したようにヒーローの半数以上が女性ヒーローとなる可能性を考えるとまた賛否がありそうだ。

ヒーロー=男性
というルールは一切、ないが比率は男性の方が多いイメージはあるだろう。
これまでMCUを引っ張ってきていたトップもトニー・スターク/アイアンマン、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカだった。

マーベル・スタジオが今後、情報通りに現存キャラクターを引退させ、後継者たちをデビューさせたとしたら女性ヒーローがメインになる可能性が出てきた。
この記事内容通りの展開になるかは未だ不明だが、
11月公開「ブラック・ウィドウ」ディズニー+で配信予定「ワンダ・ヴィジョン」など女性キャラクターをメインに置く物語が増えている。

先ほど記載したように僕自身、女性ヒーローが活躍することは大いに賛成だが、バランスよく登場させてくれることを願う。

また情報が入り次第、Youtube、当サイトで取り扱っていこうと思う。
そんなMCUフェーズ4の始まり、映画「ブラック・ウィドウ」は11月6日公開予定です。

関連記事

  1. MCU版ブレイドは2022年10月公開?

  2. ドクター・ストレンジ2にあの2人が戻ってくる?

  3. ファルコン&ウィンターソルジャー、撮影再開か

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • アイアンスパイダー
    • 2020年 7月 15日

    女性が活躍する映画は好きだし自分も賛成❗女性の集まる映画1本作ったらそれで終わりでいい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA